(CHRISTIAN DADA)の2019年春夏コレクションが、2018年10月17日(水)東京・DOUGENZAKA PARKINGにて、ベッドフォード(BED J.W. FORD)との合同発表ショーで発表された。テーマは“RE:ACシャネル時計コピーTION”クリスチャンダダ 2019年春夏コレクション - 古着の再構築で生まれたシャツを主役に|写真1今季フランス・パリでを発表したクバレンシアガスーパーコピーリスチャンダダは、“スピンオフ”としての為だけに制作した新作を披露。テーマは“RE:ACTION”だ。クリスチャンダダ 2019年春夏コレクション - 古着の再構築で生まれたシャツを主役に|写真7会場に選ばれたのは、鉄板できた無機質な駐車場。眩いほどのスポットライトが照らし出されると、螺旋を描く細長い主通路はたちまちランウェイへと変貌し、モデルたちが登場した。古着の再構築というアイディアクリスチャンダダ 2019年春夏コレクション - 古着の再構築で生まれたシャツを主役に|写真2デザイナーの森川マサノリが今回フォーカスを当てたのは、シャツ。古着の再構築という発想から作り出されたピースは、従来のものを一度解体して、オリジナリティ溢れる一着へと仕上げている。例えばクラシカルな白シャツは、後ろを振り返るとぱっくりと肌を露出させた大胆なカッティングが加えられている。またスリーブを翻したようなデザインのシャツワンピースも登場した。プレイフルなレイヤードスタイルクリスチャンダダ 2019年春夏コレクション - 古着の再構築で生まれたシャツを主役に|写真20ひと際目を惹いたのは、シャツを取り入れたスタイル。のシャツには、前身頃を繰り抜いた“ベスト型”のシャツを合わせていたり、落ち着いたのシャツには、途中からストライプ柄に切り替わった黒地のシャツを重ねていたりする。共通項のあるピースでも、柄や質感の異なるものが身を寄せ合うことで、プレイフルな印象を届けてくれる。グラフィックをあしらってクリスチャンダダ 2019年春夏コレクション - 古着の再構築で生まれたシャツを主役に|写真11シャツを彩るのは、ブランドが得意とするグラフィック。ダークで退廃的なデザインは、古着を意識したどこか朧げなホワイトカラーと共鳴していた。