企画展示「柚木沙弥郎 life・LIFE」が、東京・立川のプレイ ミュージアム(PLAY! MUSEUM)にて、2022年1月30日(日)まで開催される。企画展示「柚木沙弥郎 life・LIFE」『つきよのおんがくかい』原画 1999年 ⽊城えほんの郷蔵『つきよのおんがくかい』原画 1999年 ⽊城えほんの郷蔵柚木沙弥郎(ゆのき さみろう)は、型染めで布に模様を大胆に染めた染色作品をはじめ、版画や絵画、立体、絵本など、様々な創作活動を70年以上も続けている日本の染色家・アーティスト。

近年はイデー(IDÉE)や京都の(ACE HOTEL)とのコラボレーションで、世代を超えて注目を集めている。“くらし”と“人生”を彩る作品約150点『せんねん まんねん』原画 2008年 作家蔵『せんねん まんねん』原画 2008年 作家蔵そんな彼の作品を集めた企画展示「柚木沙弥郎 life・LIFE」は、“くらし”と“人生”がテーマ。愉快な絵本作品の原画や色とりどりの大きな布が織りなすダイナカルティエブレスレットコピーミックな展示空間など、見ているだけで思わずワクワクする作品の数々は、私たちの日々のくらしに豊かな彩りを与えてくれる。絵本の原画約80点を飾った「絵のみち」『そしたら そしたら』原画 2000年 ⽊城えほんの郷蔵『そしたら そしたら』原画 2000年 ⽊城えほんの郷蔵中でも注目は、『つきよのおんがくかい』『そしたら そしたら』など、1990年代から手掛ける絵本作品の原画約80点の展示。人や動物たちの“生きる歓び”がいっぱいに描かれた作品が並ぶ「絵のみち」では、絵本の制作に使われた型紙、スケッチブックやスクラップブックも同時に見ることができる。ダイナミックな染色作品を展示した「布の森」も《まゆ⽟のうた》 2013年 岩⼿県⽴美術館蔵 撮影・⽊寺紀雄《まゆ⽟のうた》 2013年 岩⼿県⽴美術館蔵 撮影・⽊寺紀雄また、1950年代から1970年代ごろに多数制作された注染という技法の染色作品や、抽象画のような大胆な模様が印象的な近年の作品まで、幅広い年代の染色作品約50点が展示される「布の森」も見どころ。赤・黒・白・藍など色とりどりの布からは、空から大地へ、野から海へと、人や動物、記号までもが躍動する様子を全身で感じられる。《まゆ⽟のうた》 2013年 岩⼿県⽴美術館蔵 撮影・⽊寺紀雄《まゆ⽟のうた》 2013年 岩⼿県⽴美術館蔵 撮影・⽊寺紀雄そのほか、紙粘土と布で作られたユーモラスな表情の人形たち約20点も公開する。

【詳細】
企画展示「柚木沙弥郎 life・LIFE」
会期:2021年11月20日(土)~2022エルメスブレスレットコピー年1月30日(日)
会場:
住所:東京都立川市緑町3-1 GREEN SPRINGS W3
TEL:042-518-9625
開館時間:10:00-18:00(平日は17:00まで/入場は閉館の30分前まで)
休館日:会期中無休(12/31~1/2を除く)
入場料:
一般 1,500円、大学生1,000円、高校生 800円、中・小学生 500円
<立川割>一般 1,000円 、大学生 600円、高校生 500円、中・小学生 300円
※未就学児無料
※割引制度(併用不可)
<立川割>立川市在住・在学を確認できるものを提示
<障害者割引>障害者手帳を提示した人とその介添人1名は半額
<相互割引>「一般」での入場者は、PLAY! PARKを200円引きで利用可能
※同時開催のの料金も含む
※特典つき
※当日に限り入退場自由
※平日は当日券のみ/休日はオンラインチケットの日付指定券を販売(希望者向け)
※巡回の予定なし